ワインは怖いん?

こんにちは!


ギャラクシーブックス 東京編集 神田です。

 

 

お酒は好きでよく飲むのですが、知識は全然ありません・・・

 

特にワインは敷居が高いように感じて何もわかりません・・・
しかし!ワインは気軽に飲めるし楽しめる!ということを知りました。

 

 


フランス人はワインを語るときうぬぼれる、と聞いたことがあります。
フランス人でもそのことをネタにするみたいですね。

 

 

人の感情までも酔わせてしまう、ワイン。怖いんですね。

 

 

「願い」について思うこと。。。

こんにちは!

 

最初のブログ更新でいきなり岡本太郎について

聞かれても無いのにバカ長く語ってしまった痛い男…

 

ギャラクシーブックスの山下です。

 

さて、2回目の更新となる今回。

 

やはりブログを更新するからには

面白く読んでもらいたいと思ってしまうのは人間の性。

 

前回のブログ更新をして思ったのは、

やっぱり僕ごときの好きな作家とか誰も興味ないワケで、

今回は、もっとみなさんにウケが良い題材にしようと思いました。

 

というわけで、今回の題材。

 

「僕の好きなミュージシャンの話をしよう」

 

続きを読む

古き良き

こんにちは!

ギャラクシーブックス黒田です。

 

最近ハマっているゲームアプリがあるのですが、

スマホで簡単にここまでクオリティの高いゲームができるなんて、

技術の進歩って本当に凄いですよね!

ちなみに私が初めてしたゲームは、ファミコンスーパーマリオです。

www.youtube.com

 いやぁ、懐かしす。。。

 

そこからスーパーファミコンゲームボーイネオジオニンテンドー64、プレステ、セガサターン・・・

たくさんのゲーム機と共に思春期を過ごしたように思います。

(他にも、たまごっちやデジモンワンダースワンバーコードバトラーなど思い出は尽きません)

 

そして時は経ち私はもうすぐ32歳、

ゲーム機でゲームはほとんどしなくなりました。

大人になるって寂しいもんですね。。。

そんなある日こんな記事が!

www.appps.jp

技術の進歩って本当に凄いですな!

これ一台でなんでもできてしまうようです。

最新ゲーム機の素晴らしい技術には及びませんが、

昔のゲームにも少ないスペックでいかに楽しませようかという、

情熱と試行錯誤が詰め込まれています。

このゲーム機を購入するかどうかは分からないですが、

たまには昔のゲームソフトを引っ張り出して10代の頃に立ち戻り、

丸一日引きこもりでゲームをするような、

そんな青春を味わってみても良いかなと思いました。

おっさんでもゲームしていいじゃんか!

 

あー引きこもりたい。。。

それではまた!

卵が先なわけがない

人格は環境と遺伝でどちらが大きな要因で決まるか議論され続けてますね。

食べ物やお酒、インドアやアウトドア、社交的や内向的などどこに属するのかで影響される物も違いますし環境の方が圧倒的に強いと思っていました。

最近寝る前にふと思ったこと。

遺伝子で何に興味を持つかの割合が変わって来るなら遺伝的要因も物凄く強いのかな、なんだか怖いですね。

 

植物で考えると遺伝的に乾燥した土壌が好きだったり、日光でも好き嫌いが別れるなら

遺伝的要因が強いようにも感じますが、土壌や湿度、温度そのものは環境的な要因で育ち方が変わる・・・もうわからなくなってきます。

 

結局は環境に合わせて遺伝子も変化して今の人類があるので、私はどちらの割合が強いのかは分からないんじゃないかな。

 

気にせず今を楽しもう! 

 

やっぱりFBって凄いよね

こんばんは。

ギャラクシーブックスのフードフィアター小畑です。

今日は「FBって改めて凄いよね」って想いを伝えたいと思います。

皆様はFBをされてますでしょうか?ビジネスをされている方なら多くの方がされているのではないでしょうか。

私には、3歳から一緒のマンションの同い年のK君がいました。

このK君は保育園こそ別ですが、保育園から帰るとだいたいいつも一緒に遊んでいました。私がドッチボールがしたいと言えば一緒にドッチボールを行い、サッカーをしたいと言えば一緒にサッカーを行いゲームがしたいと言えば一緒にゲームをしてくれる子です。私の言う事を聞いておくと問題ないと思っていたのではないでしょうか。ですのでとても良い幼馴染みでした。

 

そういえば、入学したての頃こんな事件が起きました。

小学校の登下校はいつも一緒ですが、ある時K君は別の友達も一緒に帰るので3人で学校に報告している別の道で帰りました。私は、K君には「こっちはいつもの通学路ではないから、いつもの道から帰ろ」ただK君はこの時私の言うことを聞きませんでした。私は仕方なく違う道から一緒に帰る事にしたのですが、K君は帰りの道中に道路の反対側に行こうとした時に周りを見ずに走りだしたので、バイクとぶつかってしまい怪我をしました。だから私の言う事を聞いておけばよかったのにとその時は思いました。

他にもK君に対する想いは沢山ありました。

・何故か私より運動神経がいい(走りで勝った事はありません)

・私より勉強が出来る

・私は小学生らしい顔をしていましたが、K君は小学生から髪が茶色だった(地毛です)

・僕はバレンタインでチョコを貰えなかったがK君は3個貰っていた。

・妹が双子で皆に注目を浴びていたが、私は可愛くない妹一人

・お母さんが綺麗だった

こういった事を常にK君に想っていました。

そんなK君は小学5年生の時に突然引っ越しました。

引っ越しした場所は隣の市でしたが、当時はGoogleマップもなく、行った事がない地域でしたので場所を聞いても全くわかりませんでした。中学校に入ったら会いに行こうと思っておりましたが、場所がわからなかったのでやっぱり会いに行く事はありませんでした。

そうして連絡手段もないので、お互い連絡する事もなく22年が経ったのですが、なんと突然FBの「友達かもリスト」に上がってきました。誰も私の友人では繋がっていませんでした。それでも私の「友達かもリスト」に出てきました。

これがFBの力なのです。

改めて「FBって凄い」と感じた1日でした。

PS K君とは友達にはなりましたが、まだ一度もやり取りはしておりません。

 

 

読めば読むほど強くなる

マンションで犬を飼う人へ 本気で強烈な臭いを放っている時があるけど

 気づいていないんじゃないかと思う。

でもワンちゃんはかわいいもんですね。

 

私には甥っ子と姪っ子がいるのですが、甥っ子は数学が苦手で苦労してるみたいなので

たまには真面目な話

中学校に入り数学が苦手な人と得意な人ではっきり分かれますよね。

数学が得意な人は覚える事も少ないし、簡単と言う意見が多い。

苦手な人は、分からない発想が浮かばないと言う意見が周りには多かった。

 

なんでなんだろうと今まで何回も考えた事がありました。

 

単純に国語で読解力が付けば中学レベルの数学は得意になるぞ!と言いたい

数学が楽しめない人はまず公式を覚えよう。

A=B ←これ AとBは同じなんですよー って言うと当たり前だと

返してくる人多いんですけど、これが分かっていれば後は近い計算式のパターンを覚えて当てはめるだけで良いんですよ。

つまり国語と同じで何を使って問題を解けば良いかが分かればすごく単純に正解に辿りつけるんです。

 

だから国語頑張れば数学も点数上がるよっていいたい。

そのために本にいっぱい触れよう 漫画でも絵本でも詩集でも。

そして甥っ子はかわいいし、犬も猫も飼いたい。

 

「お前ら喧嘩するんやったらぐらいやったら・・」

「お前ら喧嘩するんぐらいやったら

オモテ出て包丁持って刺し合え!!!!!!!」

 

小学生ぐらいの時、兄弟喧嘩する度にじいちゃんから言われた言葉だ

 

当時の僕からしたら

「あぁ、さすがにそれは無理ですね」

「包丁持って差し合うなんて・・ひどいっ!」

「なるほど、喧嘩はよくないですよね」とすっと入ってきた

 

今もしこんな発言したらどうなるかな・・

 

捉える人からしたら

「ひどい」

「子供に言うことじゃない」

モラハラ?か何ハラか」

 

現象に何かしら付加価値をつけて棚に上げて

喧嘩を注意した人が悪者にもでもなるであろう

 

20年以上経つ今でも

このじいちゃんからの言葉は頭の中にまだ残っている

 

叱る人よりも「叱られる人」の方が悪い

「怒る人」は怒り方を間違えたら怒られる人よりも悪くなる

 

感情と言葉は大切だ

 

気をつけよう

 

ギャラクシーブックス川野