十日えびす

2018年も宜しくお願いします!
ギャラクシーブックスの黒田です。

 

年も明けまして、先日大阪のギャラクシーブックス編集メンバーで『十日えびす』というお祭りに行ってきました。
関西がメインのお祭りなので、知らない方も多いかもしれませんが。。。

 

なのでちょこっとだけご説明を。
えびす祭りは商売繁盛を祈願して、七福神の『恵比寿様』を祭る賑やかなお祭りです!
1月10日が本番の『本えびす』、前日を『宵えびす』、最終日が『残り福』と呼ばれ、3日間で行われます。

 

『商売繁盛』を祈願するお祭りなので、
私たちはギャラクシーブックスとして、

「今年もお一人でも多くの方に、本を読んで頂けますよーに!(彼女ができますよーに)

と、ベストセラーの祈願をしてきました!

 

また『商売繁盛』がテーマのためか、屋台も普段のお祭りより豪華(気のせい?)に。
日を跨いで深夜まで賑わう宴のようなお祭りです。

そんなえびす祭りですが、
日本三大えびす神社と言われるのがコチラ。

西宮神社 (兵庫県)
今宮戎神社 (大阪市)
京都ゑびす神社 (京都市)

福男や福娘など名物もあります。
僕は男性なので福男にはあまり興味がないのですが、
福娘』といわれる和装の美女は境内にたくさんいます。
彼女たちをニヤニヤしながら見ていると癒される、
そのような仕組みです。

 

我々男性4人はこのお祭りに参加しまして、
各々の担当する書籍の繁盛を祈願しながら、
熱燗、おでん、どて煮、串カツを舌鼓。
宵の寒い中、お祭りでワイワイと飲むあったかいお酒は格別です。
仕事以外の時間も楽しく過ごせる、
あったかい連中に囲まれた事にも感謝しながら、
今年も頑張ろうかなぁと思いました。

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

おとなのかいだんのぼる

皆様、お久しぶりです。

2018年もはじまりましたね!!

お肉大好きでおなじみの、ギャラクシーブックス飯田です。

 

1月ということで、今年の成人式の出来事と

私のつぶやきをしようと思います。

 

個人的には、毎年大暴れする沖縄の成人式に注目していましたが、

それ以上に横浜で可哀想のニュースがあり、注目されずでしたね。

 

是非、もう一度やり直しをしてあげてほしいものです。

 

成人式といえば、二十歳になった女性にとっては、

振袖姿を着る晴れ舞台!!

 

本人はもちろんのこと、それを楽しみにしている家族や男性諸君も多いと

思います。

 

ちなみにですが私は、

同級生の変化した姿をすごく楽しみに当日を迎えた記憶があります。

(ちょっと遅刻しましたが。。笑)

 

 

※ そんな成人式にまつわるのことで問題クエスチョン ※

 

成人式が全国的に広がるきっかけになったことは次のうち

どれでしょう??

 

① 全国的に一斉にスタートした

② ある県(市)のおじさんが考案した

③ 実は海外からの輸入もの

 

 

 

正解は、

 

② ある県(市)のおじさんが考案した

でした。

 

 

元々は、埼玉ではじまった「青年祭」というものが起源のようです。

(皇族のあいだでは、もっと前からあったようです。)

 

祭りという意味では、現代においても

つながっているような気がしますが。。

 

成人になったことを祝うイベントですが、私が二十歳のときは

まだまだクソがきだったように思います。

 

大人になったという解釈は、様々な意見がありますが

私も「おとなのかいだん」を少しずつ登りたいと思います。

  

  

では、次回をお楽しみに!!!

勝手にふるえてろ

こんにちは。

ギャラクシーブックスの野田です。

 

本日は綿矢りささんの書籍「勝手にふるえてろ」のご紹介をしたいと思います!

以前「かわいそうだね?」という著書を読んでいて印象に残っていた作家さんだったのと、インパクトのあるタイトルと女性らしいかわいい表紙にびびっときて購入しました。

 

26歳のOLの女性が主人公の恋愛小説です。

片思いのまま終わった忘れられない初恋の人を思い出して感傷的になったり、同僚にデートに誘われたことを素直に喜びながらも、お付き合いして上手くいくのか漠然と不安を感じながらもんもん真剣に悩む女性が書かれています。

 

簡単にまとめると、自分の好きな人を追いかけ続けるか、

好きでいてくれる人と付き合うかどうかどちらが良いんだろうか、

 

ということが書かれていると思います。

 

ネタバレになってしまうので書けないですが、

最後の会話が印象に残りました。

嘘っぽくなく折り合いつけていく感じがすごく良いです。

 

現在松岡茉優さんが主演で映画化されており上映中です。

個人的には原作を読んでから映画を見たほうがより楽しめる気がしております。

 

みなさんお時間がございましたらぜひ見てみてください!

 

 

YOU TUBE!

みなさんこんにちは!

 

ブログというのは頭を空っぽにして一言かけるので意外と楽しいものですね。

年も明け急激な冷え込みに身体を震わせていますが、

今日はちょっとyoutubeについて書いてみたいなと、

 

みなさんご存知YOU TUBEは2005年に動画配信サービスとして始まり、

今では急速に進化を遂げ、企業や個人が誰でも使える便利なサービスと

なりました。

 

今ではYOUTUBERといわれる動画配信をお仕事にされてる方も多くいらっしゃいますね。

 

私が当時2007年ごろによく見ていた頃は釣りスポットなど

個人の方が近所などの野池などを動画配信をしたり、

海外の知らない国の人が自分のことを紹介などほんとに

ジャンルにとらわれずにアップロードしてたと思います。

 

その中で面白い人たちが人気になり、数万、数十万再生と伸びると

企業が参入し、スポンサーなど仕事になっていきました。

YOUTUBERの事をあんなものは職業じゃない!と強く

おっしゃる方もいますが、個人で収入を得て、多くの人を巻き込んで

経済に貢献しているのは立派な職業ですね。

YOU TUBEや動画配信している人を見ると本当に大変な仕事ですね。

動画の尺やインパクト、掴みなど数分で詰め込むのって本当に

すごいなーと・・・

でも最近は奇声を上げて街中を疾走したり、海外では暴力行為を

楽しそうにあげたり過激な方向に目立っていて10年後どうなるのか

怖くもありますが、ここからまた新しい才能が出るのも楽しみです。

 

 

実は弊社の社長もYOUTUBEに投稿したりしています。

↓出版した書籍の紹介や本についての熱い考えをを動画にしているので一度見て下さい!

 

 

www.youtube.com

 

 

バス釣りの魅力はゲーム性と自然との触れ合い

ギャラクシーブックスの多田です。

f:id:galaxyblog:20180112191429j:plain

商用利用無料 
画像の帰属表示は必要ありません

 

知っている人は知っていると思いますが、私のチャットワークのアイコンは「ブラックバス」です。今回はバス釣りの魅力について書きたいと思います。

 

野球の次に好きなバス釣りを始めたのは14歳の中学2年生の時でした。
当時は何もわからず鯉を釣る為のロッドを購入し、淀川で釣れないのに朝4時頃に起きて友達とよく自転車で淀川まで行っていました。


バス釣りが一般的な釣りと違う点は「餌が疑似餌」であることです。ゴムで作られたワーム、魚の形をしたルアーを使います。


一般的に魚釣りは魚をたくさん釣る為に行うので、生き餌、本当のミミズなどを使いますがバス釣りは異なります。


なぜならバス釣り「自然とゲーム性」を楽しむものだからです。


川、湖、ワンド、季節によってバスが食べている餌は異なり、自然と向きあい、自分の頭で沢山の事を想定しながら投げるものを決めます。細かい餌の種類で言うと1000種類を超えます。


エビ、ミミズ、わかさぎ、フナの稚魚、虫、カエル、セミ、などの沢山の種類があり、
水の色によって選ぶべき色も変わります。


動かしかた一つでアクションが変わり、魚の反応も変わります。


また湖になると水深5mを超える場合があり、表層、中間層、底を狙うなど自分なりのロジックを見つけてゲーム展開を行います。


魚1匹を釣る為に色んな自然の要素を考えながら1日魚釣りを行います。


釣れた魚は食べる事はできないので逃がすことになります。

バス釣りをしない人からは逃がすのになんで釣るん?とよく聞かれます。


この答えは経験した人にしかわかない「感動とドラマ」あるからです。


私にとってのドラマは15歳の時に訪れました。


地元の釣り仲間2人と朝4時に起きて5時には淀川に到着しました。


この1投目に投げたのは「ラバージグ」と呼ばれるワームです。


ラバージグはバス釣りの中でも一番不気味な形をしているので一番のお気に入りでした。※ラバージグで検索してみてください。

 

静けさが残る少し暗い中、1投目にずっしと重たい魚の反応がありました。


いつもと何かが違う、、、、

 

釣れた魚は50センチを超える巨大なバスです。
初めて見た巨大なバスにかなりの興奮を覚えました。


ちなみにブラックバスの大きさの平均値は約30センチで、バスプロでも40センチを超えると喜ぶラインです。50センチを超えるバスはバス業界の中では「ゴンザレス」と呼ばれています。

50センチを超えるバスの大きさを知りたい人はこちらからどうぞ↓

ダブルゴンザレスでした。

※私の大好きな菊元プロのブログ。


私は中学生の頃にゴンザレスに出会い、あの衝撃を求めて当時の友達と今でも時々淀川、琵琶湖に足を運びます。

 

出版をすることで、著者様の「感動とドラマ」が生まれると嬉しいですね。

 

50センチ以上は「ゴンザレス」


60センチ以上はシンプルに「モンスター」です。


今年はモンスターバスを釣りたいと思います。

 

二年参り

 

あけましておめでとうございます!

ギャラクシーブックスの池内です。

 

皆様、初詣には行かれましたでしょうか?

 

12月31日の深夜から1月1日にかけて行かれた方、1月1日に行かれた方、

それ以降に行かれた方、たくさんいらっしゃると思います。

 

私は12月31日から1月1日にかけて年をまたいで初詣に行きました。

そしてそのことを長野県では・・・

 

「二年参り」

 

と呼びます!! ※(新潟県でも呼ぶようです)

 

初詣と意味は同じですが、個人的には二年参りという言葉の響きに趣を感じています。

皆様にも使っていただけたら嬉しいです!!

 

ではまた次回!

 

東京編集 池内

OH!Jesus

こんにちわ!
ドラマは毎シーズン5つは見ています。

 

ぼくは小さい頃に野球をしていたのですが、当時の阪神タイガース(めちゃめちゃ弱い)にはすごい思い入れがありました。
弱小球団だからこそ一つの勝ち負けに一喜一憂できましたし、新庄、和田、藪、湯船、関川などなど好きな選手もたくさんいました。
その中でたくさん監督も変わっていたのですが野村監督の後に就任したのが星野監督でした。
星野監督はすごく厳しい人かもしれませんが勝ちに対する執念がすごかったのはとても覚えています。
今まであまりなかった補強等で就任一年目には4年連続のチームを4位にしました。
その年のオフに金本選手(現監督)を獲得したりでタイガースは就任二年目の2003年に18年ぶりに優勝しました。
シーズンを通して前年のワールドカップよりも盛り上がったような感覚もあり、ぼくも道頓堀川に飛び込んだぐらい盛り上がっておりました。

優勝したチームには僕が好きなメンバーはほとんどいなくて寂しい気もありましたが、ここまで強いチームを作った星野監督は本当にすごいの一言です。
そんな星野監督が1月4日に亡くなりました。

まだまだたくさんやり残したこともあったかもしれませんが本当にお疲れ様でした。

ご冥福をお祈りします。


おわり

produced by ギャラクシーブック